ATLAS 瀬賀カイロプラクティックセンター

上部頚椎治療で、むち打ち(ムチウチ)症や首(頚椎)の痛み、頚椎椎間板ヘルニア、顎関節症、頭痛、めまい、腰痛、自律神経失調症、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、後縦勅帯骨化症、脳脊髄液減少症、高血圧、低血圧、メニエールなど。

腰痛・肩こり・膝関節症

当院の腰痛・肩こり・膝関節症の治療

痛くない、ボキボキしない、高度で安全な施術です。
アトラス(第一頚椎)の調整で急性・慢性腰痛・腰椎ヘルニアを解消します。

アトラスがずれると重心の狂いが生じ、背骨や腰椎、股関節、そして膝関節に必要以上の負担をかけることになります。アトラスが数度ズレると下部にある腰椎や膝関節は数センチも重心がズレることになり、大きな負担をかけ続けることになります。
人体の骨格は単体で存在せず、一つのユニットですので、もし、腰痛や膝関節症を根本的に治そうとするなら人体全体の歪を最小限にしなければなりません。これまで、何度も腰痛や膝関節症に悩んでいる方には、人体を包括的に捉えた、当院のアトラスオーソゴナル治療が必要です。
アトラスがずれる→頭の重心が崩れる→全身の骨格が歪む→腰椎や膝関節に異常な負担を強いる
アトラスを正常な位置に戻す→頭の重心が戻る→全身の骨格の歪が正される→腰椎や膝関節の機能が回復する

アトラス(第一頚椎)がわずかに変位することで、生体力学的に重い頭を支えるために、全身の骨格は影響を受けバランスを取るために腰椎が歪みます。
つまり、アトラス(第一頚椎)がズレることで、全身が歪められます。
歪んだ骨格は二次的な症状を生み出します。
アトラス(第一頚椎)の変位の代償は、背中の痛みや腰痛、股関節痛、膝の痛み、骨盤の歪み、などとなって現れます。

腰椎は脊柱の中で一番関節の可動域が大きく、また日常生活で酷使される部位でもあります。
正常な位置から逸脱した腰椎に永続的な負担が及び、骨の変形(変形性腰椎症)、椎間板の突出(椎間板ヘルニア)、などを発症する可能性が高くなります。
当院のアトラスオーソゴナルカイロプラクティックは、アトラス(第一頚椎)を正常な位置に戻すことで、腰椎の脊柱管・椎間孔・椎間板の環境を整えることができ、脊髄及び神経根の解放を目指します。
※腰痛の原因は腰椎の酷使ばかりでなく、むち打ち症が原因となる場合が多くあります。

患者様の声

腰椎の治療前と治療後

治療前 → 治療後

(左図)
中心部にヘルニアが突出して、神経に触れている。
(右図)
治療後、完全に治癒している。

治療前 → 治療後

(左図)
突出したヘルニアが神経を圧迫している。
(右図)
治療後、ヘルニアが神経から離れ、治癒している。

治療前 → 治療後

(左図)
急性の大きなヘルニアが突出している。
(右図)
治療の結果、ヘルニアが完全に治癒している。

治療前 → 治療後

(左図)
ギックリ腰で腰椎がバランスを崩し、不整列を起こしている。
(右図)
治療後、治療後、バランスを取り戻し正しい整列を示す。

治療前 → 治療後

(左図)
慢性の腰痛で腰椎は不整列を起こし、椎間板への圧迫が見られる。
(右図)
治療後、椎間板への圧迫は解放され、バランスを崩した腰椎は正しく整列している。

治療前 → 治療後

(左図)
アトラス(第一頚椎)がズレる(変位)ことで、全身の骨格のバランスを崩し、どちらかの足が短くなる。
(右図)
治療後、全身の骨格のバランスが整い、短かった足が両側で揃う。

治療前 → 治療後

(左図)
アトラス(第一頚椎)がズレる(変位)ことで、腰椎を歪ませる。
(右図)
アトラス(第一頚椎)が正常に成る事で、腰椎も正常に関節する。

治療前 → 治療後

(左図)
治療前、片方の足は短い。
(右図)
治療後、全身の骨格のバランスが正常に成り、両足の長さが揃う。

ATLAS 瀬賀カイロプラクティックセンター

ご予約・お問い合わせ

瀬賀カイロプラクティックセンター

お問い合わせ

銀座センター

TEL 03-3542-7707

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11-7 第2上原ビル2F
歌舞伎座脇 日比谷線3番出口から徒歩1分

地図

新潟センター

TEL 025-247-2626

〒950-0991 新潟県新潟市中央区下所島1-1-1
西跨線橋脇 南高校前バス停より徒歩1分

地図
【↑】このページの先頭部分まで戻ります。