瀬賀一

プロフィール

  • 瀬賀カイロプラクティックセンター院長
  • 日本上部頚椎カイロプラクティックアカデミー学院長
  • アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会会長
  • ニュートラルカイロプラクティックテクニック開発者

 

私は難産の末、仮死状態で生まれました。幼少より鼻が悪く、頭がいびつなことには気付いていましたが、頭蓋骨に1.4センチもの左右差がある事実を知ったのは、アメリカのSweatクリニックでのことでした。

29才の夏、2tトラックに追突されました。すぐにめまい・頭痛・吐き気・目のかすみ・腰痛といった症状に襲われたのです。整形外科を始め、脳神経外科、脳神経内科を受診するも改善はありませんでした。
その後、助けを求め有名なカイロプラクティックや整体、そして鍼灸治療を試みましたが、かえって悪化することになります。

この世界に入るきっかけは、自身のむち打ち症でした。現代医学や代替医療の中に私のような難治性の患者が頼るべき場所がないことを知り、自身が代替医療のスペシャリストとなって、社会貢献を目指したことがスタートです。

全国から頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・顎関節症・自律神経失調症・環椎軸椎回旋位固定・環軸関節亜脱臼の患者様にご来院頂き社会貢献できることに感謝し、これからも使命を果たして参ります。

理念

当院は、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックにおいて、患者様の利益を追求し健康の向上に寄与するため、専門分野の研究とその可能性を追求することを理念としています。
カイロプラクティックの目的は神経圧迫を取り除き人体を健康に導くことです。
カイロプラクティックが上部頚椎に注目してから、年月を経て、研究が重ねられ、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックが考案されました。
カイロプラクティックの施術方法に制限なく、様々あるのも事実です。
「カイロプラクティックの施術が人体の健康に寄与しようとするなら、アトラス(第一頚椎)へのアプローチによるものでなければならない。」
と言うのが、私の長い臨床からの結論です。
私が出来ることは、アトラス(第一頚椎)にアプローチして神経圧迫を取り除き、脊髄脊柱の環境を整えることで健康に寄与することです。
一般的なカイロプラクティックに属さない、専門技術をもって多くの患者様に貢献出来れば、これ以上の幸せはありません。
誠実で信頼のおける施術を目指してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ヒストリー

1958年

新潟県村上市生まれ
仮死で生まれ、引っ込み事案で内気な少年時代

1991年  東京都新宿区早稲田にて最初のカイロプラクティック施術院を開院
1992年

新潟に最初のカイロプラクティック施術院を開院

1994年

米国 Dr.Roy.w.Sweatに師事

1999年

JUCCA(日本上部頚椎カイロプラクティックアカデミー)を開校し、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックの普及を開始する

2000年

アトラスオーソゴナルインターナショナルディレクトリー

2001年
  • 韓国上部頚椎カイロプラクティック協会顧問
  • アトラスオーソゴナルと顎関節について研究をまとめ歯科医師が日本咬合学会に論文発表する
2002年 韓国 朝鮮理工大学委嘱教授(2年間)
2004年

銀座センター開院

2008年
  • グローバルアトラスオーソゴニスト称号
  • 2008年から6年間 アメリカのアトラスオーソゴナル学会にて講師として1時間の臨床研究の成果を講演する
2009年

AOCRA(アトラスオーソゴナルカイロプラクティックリサーチ協会)会長
※Dr.Roy Sweatが自身の研究機関SWEAT INSTITUTEに所属する公認協会として発足し、現在に至る

2013年
  • 第12回脳脊髄液減少症研究会(脳外科学会)にて、臨床例とその有効性を「むち打ち症を起因とする脳脊髄液減少症患者におけるアトラスオーソゴナルカイロプラクティックの有効性」と題して発表
  • 名古屋市立大学大学院医学研究科にて、脳脊髄液減少症減少症研究会(脳外科学会)での発表

現在
  • これまで多くの臨床を重ねてまいりました。
    難治性の自律神経失調症・頚椎ヘルニア・顎関節症に多くの実績がございます
    なかには、脳脊髄液減少症・子宮頚がんワクチンの副反応による運動障害・環軸関節回旋位固定・環椎後頭関節亜脱臼・パーキンソン病・潰瘍性大腸炎等々、原因不明とされる難治性の患者様からも多くご来院いただきました。
    患者様の期待に応え、信頼を裏切らない為研究と研鑽を重ね、精緻な技術へと磨き上げることができました。
    創業以来30年。5万例以上もの臨床実績を積み重ね、これからも患者様のお役に立てる事を喜びとしてまいります。